ワーキングプア

ワープアおじさんの転職アドバイス


アメリカでは転職するたびに評価が上がる?の誤解

これはよく聞く話だが、海外(アメリカ)では転職するたびに評価が上がり、給料も上がるという都市伝説がある。いろいろな仕事を経験したことで人材として評価が上がるというのだ。

ただこれにはやや語弊があり、間違って伝わっている部分も多い。

結論を言うと、色々な仕事を経験した者の評価は低い。これは日本と同じ。同じ職種で、キャリア、技術を積み重ねた者だけが高い評価を得られるのだ。

アメリカは契約社会なので、労働者の給料は基本的に契約したときのままで、新たに契約書を交わすか、転職する以外に昇給の道がない(池上彰さんが言ってた)。ましてや昔の日本のような終身雇用や年功序列などない。新たに契約書を交わすことだけが昇給への道なのだ。

コメントは受け付けていません。