ワーキングプア

ワープアおじさんの人生アドバイス


転職を繰り返した結果最初の職業が良かった…よくあることです。

転職の経験がある人に「今の仕事と、前の仕事どっちがいい?」と聞くと、今の仕事のほうがいいと答える人は多い。要するに仕事はやってみないとわからない部分が多すぎる。

当面の給料、年間休日、大まかな仕事内容までは求人情報や面接で分かる、どんな人達と一緒に働くことになるのか?細かい仕事内容、会社の雰囲気までは分からないので、転職が裏目に出ることが多くなる。

転職先がなかなか見つからずに妥協した結果、前の会社のほうが良かったなんてこともあります。転職を成功させるには時間的余裕も必要なのです。

前の仕事のほうが良かったといっても、もう戻ることはできない。前の会社もすでに代わりの社員が見つかっているかもしれないし、一度辞めた会社にまた戻るなんてことはプライドが邪魔をしてできるわけない。

このようなミスマッチは、次の仕事が見つかる前に仕事を辞めてしまったり、仕事に対して何のビジョンもなく、何の技術も得られずに仕事を辞めた場合、世間の給料、休日の相場に対する無知によって生ずることが多い。単純に年を取ってしまったために良い仕事が見つからなくなっている可能性もある。

それでも転職は失敗する時は失敗する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。